取り付け位置|赤ちゃんを育てる環境作りの為のベビー用品|通販では色々と見つかる

赤ちゃんを育てる環境作りの為のベビー用品|通販では色々と見つかる

親子

取り付け位置

女の人

安全な位置はどこか

小さい子はチャイルドシートに座らせなければならない、というのはご存じの方が多いでしょうが、その位置についてはどうでしょうか。法律上6歳未満にチャイルドシートは必須ですが、その取り付け位置については特に指定されていません。つまり法律では助手席に乗せてもダメではありませんが、車の説明書に禁止と書かれてる場合があります。事故の時に助手席のエアバッグが膨らむと、小さい子にとっては逆に危険になることがあるからです。後部座席の方が、いざという時に助かる確率が高いです。1番安全なのは運転席の後ろとされています。助手席に子供がいると気になって運転に集中できなくなることもあるので、やはりチャイルドシートは後部座席に取り付けた方が良いでしょう。

たとえ泣いても後ろに

チャイルドシートの設置については、車の説明書をきちんと読みましょう。後ろ向きで使用する場合は、助手席は禁止とされている車が多いです。これは万が一の場合、エアバッグと助手席の間に赤ちゃんが挟まれるため大変危険だからです。やむを得ず助手席に乗せる場合は、必ずチャイルドシートを前向きに使える体重になってからにしましょう。後部座席が良いと分かってはいても、助手席に乗せたい気持ちはよく分かります。赤ちゃんもママの隣にいた方が落ち着いてグズる回数も減るでしょう。しかし、ここはグッとこらえて後ろに乗せて下さい。事故にあったとき、自分だけ助かって赤ちゃんに何かあったら一生後悔することになります。子供の様子が分かるように後部座席にミラーを付けたり、おもちゃをぶら下げてグズらないように工夫することもできます。小さいから分からないと思わずに、後ろに乗ることの必要性をきちんと説明することも大切です。