紫外線を避けるには|赤ちゃんを育てる環境作りの為のベビー用品|通販では色々と見つかる

赤ちゃんを育てる環境作りの為のベビー用品|通販では色々と見つかる

親子

紫外線を避けるには

手を繋ぐ乳児

その対処法など

大人も子供も日焼けには注意が必要ですが、赤ちゃんは特に皮膚が弱いので日焼け止めが欠かせません。乳児は湿疹が出る事が多いのですが、その原因が紫外線だということもありますから注意して下さい。体を覆う服を着せたり帽子を被らせたり、ベビーカーの日除けなどで直接太陽にあたることを避けると良いでしょう。現在は紫外線防止の服などもありますから、それを着させるのも効果があります。日焼けは赤ちゃんにも必要なことですが、20分以上外にいる場合には日焼け止めを使って皮膚を守ってあげましょう。日焼け止めを買うのなら肌に優しい商品が良いでしょう。紫外線吸収剤フリーと書いてあるもので、お湯や石鹸で簡単に落とせるものがいいでしょう。

紫外線アレルギーなら

乳児湿疹は赤ちゃんには多い症状ですが、中には紫外線アレルギーの赤ちゃんもいます。紫外線アレルギーだと気付かずに過ごしてしまうことも多いようです。肌の露出部分だけに湿疹が出るということが続いたらアレルギーを疑うのが良いかもしれません。気になったら医師に相談するのがお勧めです。紫外線アレルギーは太陽にあたることで湿疹が出たり、水ぶくれになったり、赤くなったりします。もし紫外線アレルギーなら太陽を浴びるのを避けるか、肌への負担の少ない紫外線散乱剤などを使った日焼け止めを塗ったり、皮膚を覆うなどで対処します。皮膚の弱い赤ちゃんの事ですから紫外線の強い時期もそうでない時期でも、日焼け止めを習慣づけるなどをして赤ちゃんを守ってあげて下さい。